新幹線で行こう!青森県ねぶた祭りとねぷた祭りの違いは何?

ねぶた祭り

青森県のねぶた祭りとねぷた祭りの違いは?

皆様、こんばんわ!
もう少しで、三連休ですね(^^)v 旅行や観光の計画がある方は楽しみですね

お仕事の方、頑張りましょう!
私もびっちり仕事です(>_<)💦頑張ります‼

さて、本日ご紹介するブログは、青森県の有名なお祭り『ねぶた祭り』と『ねぷた祭り』です。
この二つのお祭り、同じ青森県内で催されますがどう違うのか?ご存知の方は多くいらっしゃらないかと思い調べてみました(^^)  ぜひ、ご覧下さい!

ねぷた祭り

 

 

 

 

ねぶた祭りの初期は「七夕祭」

青森県青森市が主催するねぶた祭り
奈良時代に中国から渡来した「七夕祭」と、津軽にあった習俗と精霊送り、人形などが一体化して紙と竹やローソクを使って灯篭となり、変化をとげ人形、扇ねぶたになったそうです。

青森ねぶた祭り

2016年『青森ねぶた祭り』日程
・8月2日(火)、3日(水) 時間 19:10~21:00
子供ねぶた:15台予定
大型ねぶた:15台予定の運行
・8月4日(木)~6日(土)  時間 19:10~21:00
大型ねぶた:20台運行予定
※6日はねぶた大賞や各賞を発表します。
・8月7日(日)
時間 13:00~15:00 大型ねぶたの運行(20台予定)
時間 19:15~21:00 第62回青森花火大会・ねぶた海上運行(フィナーレ:6台)
※海上を幻想的なねぶたと大輪の花火が最後を飾ります。

青森ねぶた祭り

 

ハネトの参加(自由参加)
決まった装束を身にまとえば、観光客でも自由に参加出来ます!
県内のスーパーや百貨店でも購入可能ですし、レンタルもしているそうですよ(^^)v

青森ねぶた祭りの掛け声は「らっせらー」です!

ハネト弘前ねぷた祭り

津軽の弘前ねぷた、三国志や水滸伝などの武者絵を題材に、大小80台のねぷたが練り歩きます。
夏の農作業の、眠気や怠け心を流すため「眠り流し」という行事から、「ねむた」→「ねぷた」と変化したとされます。

昭和55年1月に重要無形民俗文化財に指定されていて、「扇ねぷた」や「組ねぷた」があります。
ねぷた祭り2016年『弘前ねぷた祭り』の日程
・8月1日(月)~4日(木) 時間 19:00~ 土手町コース
・8月5日(金)~6日(土) 時間 19:00~ 駅前コース
・8月7日(日) 時間 10:00~ 土手町なぬか日コース
※8月1日~7日開催します。

ねぷた祭り

なぬかびおくり
7日の夜に、ねぷたまつりのフィナーレを飾る岩木川沿いの土手を十数台の本ねぷたが運行する「ねぷた流し」や炎で清め送る「なぬかびおくり」が催されます。
・開催日:2016年8月7日(日)※雨天中止
・開催時間:17:00~20:30
・開催場所:岩木川河川敷 ※茜橋上流
なぬかびおくりねぷた祭りの掛け声は、「やーやーどー」です!

 しあわせチケット宅配便

ねぶた祭りやねぷた祭りは、実は青森県だけで、開催されているわけでは無いようです。
隣県の秋田県や今は関東地方や各地で開催されています。
やっぱり元祖、青森県のねぶた祭りとねぷた祭りを一度は拝見してみたいですね(^^)v
弘前ねぷた祭り残念ながら、青森新幹線の格安チケットがご用意出来ていません(>_<)
東北新幹線でご案内するお得な新幹線チケットは

♥おすすめチケット♥
東北新幹線(はやて、はやぶさ)全席指定席
JR通常価格:11,200円
東京(都区内)~仙台 1枚 10,600円
※有効期限は2ヶ月以上あります。
※8月11日~20日はご利用出来ません。

どこの金券ショップよりもお安く宅配致します!
しあわせチケット宅配便公式ホームページ