他社で断れてしまったジュエリーリフォームお任せください

「他社で断われてしまった」という経験は、ありませんか?

弊社には、他社を数軒回ったが難しいと言われたというお客さまからのご依頼がとても多いです。もちろん、弊社でもできないモノもございますので、一度拝見させていただいておりますが、諦めずにまずは一度ご連絡ください。

今回はそんな、他社で断れてしまった大切な形見をジュエリーリフォームしたお話です。

御祖母様の形見のブレスレットから結婚指輪へリメイク

 

今回は、インターネットからご依頼をいただきました。大好きな御祖母様がご逝去され、形見分けでブレスレットを受け取られたのですが、サイズが合わずデザインも時代を感じるもので、そのままつけることができなくて困っておられました。

おばあちゃん子だったご依頼主様は、タンスの奥にしまうのだけは避けたいとジュエリーリフォームの会社を何社か回ったそうですが、難しいと断られ続けていたところに、弊社のサイトを見つけたそうです。

弊社からはまず、

「一度モノを見せてください。それから可能かどうか判断いたします。それにかかる送料は、無料です。」

という対応で、ブレスレットを拝見しました。品物をよく確認したところリフォームが可能でしたので、

「問題なく、リフォームできます」

とお答えしご依頼をいただきました。

ではなぜ、弊社ではリフォームできたかについて、詳しくお話したいと思います。

金のブレスレットを溶かしてマリッジリングへリフォーム

ご存じの通り金には、10金、14金、18金、24金などの種類があります。24金が金の含有率が100パーセントですよね。

ジュエリーリフォームをするにあたり、24金でなければリフォームは難しいのですが、純金ですと言いながら実際に見てみたら18金というのは良くある話なんです。

さらにブレスレットの場合ですと、つなぎ目などに純度の低い金が含まれていることも少なくないので、やはり見てみないとなんとも言えないんですね。

また、地金を溶かして再生するには、技術もいります。そのような理由で、技術がない業者さんだと、断ることがあることをご承知ください。

今回のブレスレットは、このあたりがすべてクリアしていましたので、問題なく制作できました。

地金も足すことなく、もちろん減らすこともなく、利用できました。

ジュエリーリフォームの需要が多い昨今ですが、あまり技術がない業者さんだと宝石が小さくなったり、サイズが間違えられたり、仕上がりのデザインが違ったりとトラブルも多いようです。

一度削ってしまったら二度と元には戻りません。業者選びは腕のいいしっかりした業者を選ぶことをオススメします。

ということで、今回は無事大切なブレスレットをマリッジリングへリフォームすることができました。

ジュエリーリフォームをされたお客さまの声

「本当にうれしい! どこに行っても断れていたたので、半分あきらめていました。しかし、インターネットで検索していたら御社にたどり着き、はじめは少し心配でした、思い切って連絡すると、とても親切で安心してお願いできました。

おばあちゃん子だったのでブレスレットが肌身離さず身に着ける結婚指輪にリフォームできて、大好きなばあちゃんといつもいられると思うと本当に感動です。

おばあちゃんのように、私もステキな家庭を築きたいと思います。本当に本当にありがとうござました!」

と感動の声をいただきました。

私達もこのようなお声がとっても励みになります。指輪については、間違えがないようにリングゲージを無料で送っていますので、ぜひそちらでピッタリのサイズをお知らせください。

このように、もし他社で断れれてしまったジュエリーリフォーム、弊社でできるかもしれません。よろしければどうぞお気軽に、お問い合わせください。