2016新幹線で行く!京都の夏の風物詩『川床』の涼

鴨川、貴船、高尾の『三大川床』

08071048_HD[1]

皆様こんにちは!
すでに初夏を思わせるような暑い今日この頃。いかがお過ごしですか?

今回は少し早めに、京都の夏の風物詩といわれる『川床』を紹介していきたいと思います。

三大川床といわれる有名な場所は、「鴨川」「貴船」「高尾」です。
鴨川:鴨川の川沿いにあり水上というよりは、水面から離れた高床式のお店になっています。
貴船:貴船あたりが涼しいうえ、川の上にお座敷をひいて食事ができる様になっています。まさに天然クーラーです!
高尾:清滝川に張り出すように一段床が高くお店が並んでいます。屋根があるので雨の日でも安心して食事ができます。

06-01[1]

大人の遊び『川床の涼』貴船ふじや

00646f947673bbc610b52e9a826d4834[1]

 

川床って、いったい何?と思う方もいらっしゃいますよね!

川の上や屋外で川のよく見える場所に座敷を作って、季節の料理を味わうことです。

「貴船」や「高尾」は京都市内より、気温が3~5度も低いのでまさに天然クーラー!
真夏とは思えないほどの涼しさを体感できます。
自然の木々の下、水のきれいな川の上で涼を楽しみながら美味しい食事ができるなんて、
贅沢の極み!

pic01e[1]

 

 

ここで、私も実際に体験しました『川床涼』おすすめのお店をご紹介します!

貴船の『ふじや』さん。
京都市左京区鞍馬貴船町貴船神社鳥居前
TEL:075‐741‐2501
川床期間:5月1日~9月30日まで
利用時間:11:00~20:00(最終入店19:00)
料 金:お一人様¥9,000~(サ―ビス、座席料別)
駐車場:10台

sec3_img01[1]kd4_3812-1309145501[1]

元祖『川床』は貴船神社のすぐ近くにある「ふじや」さんが始めました。貴船に20軒ある料理旅館の代々続く九代目、藤谷虎男さんが子供の頃、大正時代に養父が川の中に五尺と六尺の畳ほどの床几(しょうぎ)を川の中に置いて、川に足をつけながらお茶を飲みながら涼むのが始まりだったそうです。

九代目の虎男さんが、昭和五年に新築し現在の『川床』が誕生したのです。

私も、夏に某テレビ番組で『川床』から中継しているのを観て行ってみたい!という衝動にかられ、その年の8月に「ふじや」さんに人生初の川床体験をしてきました。

一言でいうと「大人の贅沢!」「日本人に生まれてきてよかった!」
日本の風流といいますか、自然の美しさの中でこんな贅沢ができるんだ!という感動でした。

本当に川床は涼しく、真夏の暑さを肌で忘れさせてくれます!また、木々の葉の匂いや川の上で水の流れる音がまた心地よく、目の前に並べられた美味しい料理に味覚、臭覚、視覚、聴覚、共に満足致しました。

大人の遊びって、こういうものなんだなあと初めて思ったのも『川床涼』を体験した時でした!

カジュアルな鴨川の『川床』

1218035665774[1]

初めての川床体験、若い方にもおすすめは鴨川です!

京都市内にあるので、交通の便が一番楽ですしなんと鴨川にはスターバックスの『川床』があるんです。
料金の予算も心配ないですし、いつものスタバと違った京都ならではの風情をお楽しみいただけると思います!

2016年今年の夏、ぜひ『川床涼』を楽しんでみて下さいね。

京都に新幹線で行くなら格安きっぷ!

新幹線で京都に行くなら、ぜひ少しでもお安く買えるきっぷはいかがですか?

東京(都区内)~京都(市内) 1枚 12,500円

一緒に行かれる人数が3人でしたらさらにお得なこちらがおすすめです!

東京(都区内)~京都(市内) 1冊(6枚:3往復分)75,000円

しあわせチケット宅配便公式ホームページ

Follow me!