2016年仙台七夕🎋まつり!ご一緒に周辺の民泊も紹介します!

しあわせチケット宅配便

皆様こんにちは!
昨日、九州では大雨の影響で、新幹線や在来線の一部に一時運転の見合わせがあったようですね。
被災地の皆様、お体に気を付けて一日も早く、安心できる生活がおくれることをお祈り申し上げます。

本日は宮城県仙台市の七夕まつりについてご紹介しますので、新幹線格安きっぷをお求めなら!
JR通常価格:11,200円
東京(都区内)~仙台(市内) 1枚10,600円 片道600円お得!

JR通常価格:10,360円
大宮(川口・戸田公園)~仙台(市内) 1枚9,950円 片道410円お得!

ぜひ、この機会に新幹線格安きっぷをご利用下さい!
只今、振込銀行の増設中ですので、今しばらくお待ちくださいませ!ご利用頂いているお客様には大変ご迷惑をおかけしております。
しあわせチケット宅配便公式ホームページ

300px-Sendai_Tanabata_Festival_2010[1]

2016年仙台市七夕まつり🎋

8月6日(土)~8日(月)の3日間開催される仙台市の七夕まつり。
その歴史は古く江戸時代、仙台藩伊達政宗公から七夕の行事を取り入れたことから始まり、旧暦7月7日に行われ8日の朝に飾り物をつけたまま川に流されていました。

代7代伊達重村公より、一日繰上げ旧暦7月6日の晩に飾り、7日の朝に流す様になったのですが、明治6年の新暦採用を境に年々減少し、第一世界大戦後は不景気のため縮小傾向になった時代もあったそうです。

th6MC7BSE4

昭和2年、不景気を吹き飛ばそうと商家の有志達が仙台商人の心意気とばかりに、華やかな七夕飾りを復活させ、翌昭和3年に新暦日付の月遅れ8月6日~8日の3日間にわたるお祭り行事になりました。昭和天皇も昭和22年に巡幸されています。

仙台七夕まつりは、田の神を迎える行事であり、豊作の保障と保護を田の神に祈ったことが七夕まつりを盛んにしてきたそうです。

touhoku016l[1]

🎋豪華絢爛な笹飾り🎋
長さ10m以上の巨大な竹を手作りで飾り付けをします

1本の価格は数十万~数百万、吹き流し5本1セットで飾るのが習わしだそうで、飾りつけの豪華さを競い合うのが仙台七夕まつりです。

10138467[1]

8月6日の浅8時頃から飾りつけが始まり、午後には金、銀、銅の各賞が発表されます。
七つの飾り(商売繁盛、無病息災などの様々願いが込められています)
・短冊・・・学問や書道の上達
・紙衣・・・病気や災難の厄除け、裁縫の上達
・折鶴・・・家内安全と健康長寿
・巾着・・・商売繁盛
・投網・・・豊魚、豊作
・屑籠・・・清潔と倹約
・吹き出し・・・織姫の織糸

tanabata2[1]

開催日:8月6日(土)~8日(月)
開催時間:(飾りつけ)中心部商店街
6日(土)・7日(日)/10:00~22:00 8日(月)/10:00~21:00
周辺部商店街
6日(土)~8日(月)/10:00~21:00

おまつり広場 ※勾当台公園市民広場
星のステージ、七夕伝承館、織姫・彦星ひろば、七夕食堂、天の川回廊etc

仙台市の七夕まつり協賛会(事務局:仙台商工会議所)
〒980‐0014
宮城県仙台市青葉区本町2‐16‐12
TEL:022‐265‐8185

003[1]

ホテルの予約がとれない!周辺の民泊体験いかがですか?

仙台市の七夕まつり、今年は6日(土)から始まるので周辺ホテルは予約でいっぱいになり可能性が高いですね。
こんな時、2020年の東京オリンピックに向けて民泊の需要が大変高まってきていると聞きます。

京都では、すでに数多くの一棟貸しの民泊施設がありますね。
いかがですか?この機会に民泊体験も一緒に考えてみてはいかがでしょうか(^^)v

民泊をお探しなら

 

Follow me!